30代からのロッククライミング

とりあえず2級を目指す!

寝苦しいときの最終手段

Insomnia
Insomnia / Mateus Lunardi Dutra

夜中どうしても寝付けないというときがあります。

特にクライミングしている場合は、しっかりとレストをとってあげなければいけないと思い、質の良い睡眠を取ることを意識します。

睡眠中に人間の体は、疲労から回復し、筋肉をさらに強めるように細胞が作り上げられます。ですから、睡眠を取ること、寝たいときに寝られることは、クライミングをしている人にとっては、重要なことになってくると思います。

頭寒足熱という古の言葉

頭寒足熱という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

文字通りなのですが、頭を冷やして、足先を冷やす。そうすれば、体に良い状態になり、健康にも良いということです。

夏は寝苦しく、冬は寝やすい

経験的に、夏は寝苦しくありませんか。熱帯夜だと本当に眠りずらくてしょうがありません。

体の状態は、頭熱足熱の状態になっています。この状態だから、眠りにくいのでしょう。

また、冬は、夏に比べては寝やすくなるのではないかと、感じています。それは、自然に頭寒足熱になっているからではないかと考えます。

布団から頭を出していれば、外の冷たい空気で頭は冷やされ、足先は布団の中で温まるので頭寒足熱の状態です。

また、冬でも、布団に入ったばっかりのときは、足先が冷えた状態なので、すぐには寝付けませんね。これは、頭寒足寒の状態です。そして、しばらく経つと、足先が温まってきて、そうするとうとうとしてきて、眠りにつけます。

やはり、眠りやすさとは、頭寒足熱の状態にしてあげることが近道だということになりますね。

では、具体的に方法を紹介していきます。

頭を強制的に冷やす

○熱を冷ますシートを使う 色々な種類のものが市販されていると思います。これを額に張り付けていれば、自然と頭の熱が逃げていくでしょう。費用はかかりますが、手軽にできる方法です。枕元に置いておけば、寝苦しい夜にすぐに使うことができます。

○濡れタオルを使う 水に浸したタオルを絞って、それを額にのせます。気化熱によって、額から熱気を取り除いてくれます。

○氷枕を使う 水枕に氷を入れて使います。氷だけでなく、水も入れてあげると、寝たときに心地がいいかもしれません。

○保冷材を使う 保冷材をタオルに巻いて、枕代わりに頭の下に引いて使います。

急速に冷やしたい場合は、額に乗せる系のものと、枕代わりに敷く系のものの、合わせ技でもいいかもしれませんね。

足を強制的に温める

○湯たんぽを使う 寝る前に布団の中に入れて温めておくと足元がすぐに温まりやすいと思います。

○カイロを使う 湯たんぽと同じように、布団の足元に入れて使うと良いと思います。

○足浴を使う 寝る直前に、くるぶしから下をお湯につけて、強制的に温めるのも効き目があります。一気に深部まで温まるので効果大です。