30代からのロッククライミング

とりあえず2級を目指す!

腰痛はストレッチで治す

Charlotte Stuart treating an acupuncture patient in Nelson, New Zealand Charlotte Stuart treating an acupuncture patient in Nelson, New Zealand / Wonderlane

仕事がら腰痛になってしまった

仕事で結構重いものを持ったり、腰をかがめたりするので、腰が痛めてしまいました。 あるとき、ものすごい重いものを持ち上げたときに、腰をやってしまったのです。

その瞬間は大丈夫だったのですが、家に帰ってから一度横になった後は、起き上がることができなくなりました。 整形外科に行き、椎間板ヘルニアと診断されたと思います。コルセットと、薬をもらいました。

腰の骨を触ると、少し飛び出ているものがあります。これがヘルニアかと。このヘルニアによって、左もも、左けつに坐骨神経痛が発生することになりました。

現在は、たまに調子が悪い日がありますが、ほぼ完治に近い状態だと感じています。ヘルニアは治らない、というようなうわさがありますが、このように治ってよかったと思います。

下記には、私が経験したヘルニアから学んだ腰痛の改善方法について書いていきます。

腰痛の原因

今思えば腰痛の原因がわかります。腰痛の原因とは、腰を使いすぎで腰部分の筋肉が疲弊しているのにもかかわらず、腰を使い続けてしまったことにあります。

仕事で腰を酷使し、プライベートではクライミングで腰の筋肉を使います。腰は痛いが、クライミングはやめられない楽しみだったので、気になりながらも続けていました。

腰を使うと、人間の後ろ側の部分の筋肉が疲弊します。後ろ側の部分とは、背筋だったり、お尻の筋肉だったり、ハムストリングだったりします。

筋肉は疲弊すると、固くなってしまいます。しっかり回復させないと、柔軟性を失うのです。

この柔軟性を失うと、重いものを持つときなどに使われる筋肉や、関節がちょうどいい位置関係で働いてくれなくなります。そうすることにより、負荷がうまく分散されずに、腰の骨に直接かかるようになり、そして良くない角度のまま負荷がかかってしまいます。この蓄積で、最終的にはヘルニアのようなことになってしまうのです。

腰痛の根本原因が、後ろ側の筋肉であることです。ですので、これを緩めてリセットすることができれば、腰を痛めるところまで行く前に予防することができると考えるのです。

ストレッチで緩める

特に重要だと感じたのは、ハムストリングです。

下記の動画をご覧ください。 ジャックナイフストレッチについての動画ですが、これはハムストリングのためのものです。

試してみるとわかりますが、腰痛がある人はかなり苦しいと思います。 わたしもこれを初めてやるときは、苦しくて全く膝を伸ばせませんでした。

このストレッチをことあるごとにやるようになり、だいぶストレッチされるようになってくると、苦しさもなくなり、と同時に重いものを持った後、かがむような仕事をした後の腰痛が軽減したように感じます。

また、注意していただきたいことがあります。 下記動画のような普通の前屈があります。

これは、動画の中の人のようにすでに柔らかく、股関節で前屈できる人は問題ないです。 しかし、体の固い人が普通の前屈をすると、背骨を丸くしてしまいます。これが腰をさらに炒める原因となります。

ですので、ジャックナイフのように、背骨が丸まらないようなストレッチをした方が安全です。