30代からのロッククライミング

とりあえず2級を目指す!

ワールドカップのチケットを購入しました!(IFSCボルダリングワールドカップ八王子2017.5.6-7)

私自身初めてですが、ボルダリング大会のチケットを買ってしまいました!!

f:id:climbing30:20170405123733j:plain

 

色々情報を知っていた方が楽しめるかと思うので、事前に調べてみました。 

 

今回出場する日本人選手

【2017年スポーツクライミングボルダリング日本代表選手】
■男子 (12名)
S代表
楢﨑 智亜 (ならさき ともあ) 栃木県連盟 1996年6月22日 20歳
藤井 快 (ふじい こころ) 東京都連盟 1992年11月30日 24歳
A代表
堀 創 (ほり つくる) 東京都連盟 1989年11月2日 27歳
緒方 良行 (おがた よしゆき) 福岡県連盟 1998年2月4日 19歳
B代表
渡部 桂太 (わたべ けいた) 三重県連盟 1993年8月30日 23歳
波田 悠貴 (はだ ゆうき) 埼玉県連盟 1997年5月10日 19歳
杉本 怜 (すぎもと れい) 東京都連盟 1991年11月13日 25歳
楢﨑 明智 (ならさき めいち) 栃木県連盟 1999年5月13日 17歳
藤脇 祐二 (ふじわき ゆうじ) 大阪府連盟 1995年10月24日 21歳
渡邉 海人 (わたなべ かいと) 埼玉県連盟 1996年12月25日 20歳
原田 海 (はらだ かい) 大阪府連盟 1999年3月10日 17歳
中野 稔 (なかの みのる) 広島県連盟 1983年10月6日 33歳
■女子 (9名)
S代表
野中 生萌 (のなか みほう) 東京都連盟 1997年5月21日 19歳
野口 啓代 (のぐち あきよ) 茨城県連盟 1989年5月30日 27歳
A代表
小武 芽生 (こたけ めい) 東京都連盟 1997年5月18日 19歳
B代表
渡辺 沙亜里 (わたなべ さあり) 福岡県連盟 1990年2月5日 27歳
尾上 彩 (おのえ あや) 福井県連盟 1995年9月20日 21歳
大田 理裟 (おおた りさ) 山口県連盟 1993年1月27日 24歳
五月女 美元 (そうとめ みはる) 栃木県連盟 1995年5月12日 21歳
小田 桃花 (おだ ももか) 山口県連盟 1994年3月6日 22歳
加島 智子 (かじま ともこ) 埼玉県連盟 1982年7月23日 34歳

出典:2017年ボルダリング日本代表が決定! | FINEPLAY [ファインプレー]

注目の日本人選手

 藤井 快 (ふじい こころ)

f:id:climbing30:20170409020936j:plain

出典:International Federation of Sport Climbing

 

4/7-8に、スイスのマイリンゲンで行われたワールドカップで優勝したようですね。

同じ日本人として嬉しいですね。

 

ちなみに、秋葉原B-PUMPに登りに行ったことがあるのですが、その時の受付が藤井快さんだったことがあります。確かそうだった気がしました。直接確認していないので、勘違いなのかもしれませんが。

 

でも、髪型、顔、体格(身長175cm, がっちりめ)もメディアで見てた通りだったので、本人だったんだと思います。肩回りの筋肉はかなりがっちりしていて、これは強いなと思ったのが印象でした。サインもらっとけばよかったかな~(´;ω;`)

 

なので、実際にあったこともあるということで注目選手です。私も観戦に行く大会でも優勝するよう応援してます! 

 

参考までに過去の藤井快選手のトライシーンの動画です。 

 

楢﨑 智亜 (ならさき ともあ) 

f:id:climbing30:20170409184903j:plain

出典:International Federation of Sport Climbing

 

楢崎選手は動画でしか見たことがないですが、爆発力のあるランジとか、壁をぴょんぴょんとジャンプしながら登る感じが特徴的な印象です。

 

 

 野中 生萌 (のなか みほう)

f:id:climbing30:20170409223829j:plain

出典:International Federation of Sport Climbing

 

野中選手も最近TVや雑誌なのでよく見るようになりました。登るスタイルは男子顔負けのパワースタイルです。

 

女性選手のわりに体格がしっかりしていて、広背筋が発達しているのが印象です。

 

野中選手の動画です。

 

 

野口 啓代 (のぐち あきよ) 

f:id:climbing30:20170409225515j:plain

出典:International Federation of Sport Climbing

 

野口選手は日本人クライマーの中で一番有名と言っても過言ではないでしょうか。もう10年近く世界のトップクライマーとして活躍し続けている選手です。

 

印象は、やはり長い手足とその柔軟性ですね。他の選手が力技で登るところを、柔軟性を使っていとも簡単に登ってしまうその姿をみると感心してしまいますね。

 

彼女ののぼりを見ると、柔軟性というのはクライミングにとって本当に大事な部分であると教えられます。

 

今回の大会でベテランクライマーの貫禄を見られるのが楽しみです。

 

野口選手の動画です

 

注目の外国人選手

Adam Ondra (アダム・オンドラ) 

f:id:climbing30:20170409230919j:plain

出典:International Federation of Sport Climbing

 

こちらも有名ですね。ネット上にたくさん動画があります。登っているときの叫び声の大きさにも印象があります。

 

ルートもボルダーもこなすオールラウンダーです。外壁でもなんでもやります。インタビューなどでの発言はポジティブで好印象を受けます。グレードは違いますが、クライミングのモチベーションをもらっています。

 

アダム・オンドラ選手のトライを生で見られたらかなりテンション上がること間違いなしです!八王子の決勝で会えることを期待してます!

 

(2017.04.25現在)八王子大会には出場しないようです。。IFSCのホームページに書いてました。。残念ですね。

 

www.ifsc-climbing.org

 

アダム・オンドラ選手の動画です。